美容歯科のホワイトニングは嫁入り前の女性に最適なエチケット

トリートメントの仕方

微笑む女性

「歯」への意識が高まる今日、多くの方が積極的に「オーラルケア」に取り組むようになってきました。このような中、「白い歯」を手に入れたいと考える方が増えています。
「白い歯」は好印象を与え、表情が豊かになります。表情豊かな人は、様々な局面で長所となります。
しかし、実際は「歯の色」にコンプレックスを抱いている人が多く、白い歯を維持している方は少数派でしょう。歯を白くするためのオーラルケア商品が販売されていますが、根本的に白くすることは困難です。
歯の表面の汚れを落とし、本来の歯の色を取り戻すことができるだけです。「白く輝く歯」を手に入れるためには、歯磨きを丁寧にしても限界があります。
歯が黄色くなるのは、食べ物の着色と、加齢により象牙質が現われるからです。象牙質は本来黄色く、年を取るほど色が濃くなります。
そのため、白い歯を手に入れるためには、「ホワイトニング」治療が必要なのです。この「ホワイトニング」を定期的に行なうことで再び歯が着色することを防止でき、白い歯を維持することができるのです。

「歯を白くする」治療は、一般的には「審美治療」に当たります。
通常の歯科治療は、歯の悪い部分を治すことに重点が置かれています。
一方「審美歯科」では、悪い歯を治すだけでなく、歯のトータルバランスを考えて治療を行なうという特徴があります。
患者さん1人1人の口中状態を判断し、噛み合わせと共に「美しい口元」を作る治療を行ないます。
この治療の1つとして「ホワイトニング」が行なわれ、美しい口元を作るのです。
今日では治療の需要が増加し、多くの一般歯科医でも「ホワイトニング」治療を行なうようになってきました。
従来の様な「歯を削って」治療するだけでなく、予防治療と共に、審美的な側面にも配慮して治療を行なうようになっています。