美容歯科のホワイトニングは嫁入り前の女性に最適なエチケット

薬剤の使用

歯ブラシを置く

毎日の食事や喫煙などで歯は着色してしまいます。
歯の神経が死んだり、テトラサイクリン系の薬剤による副作用、また乳幼児期の病気によって歯が変色していることもあります。
こうした歯の変色は、ホワイトニングで白くすることができます。
ホワイトニングは、専用の薬剤を使用して歯を白くする方法です。
歯科医院や専用サロン、また歯科医院への通院とホームケアを兼ねる方法でも行うことができます。
原因は何であれ、歯の汚れはマイナスなイメージをもたらしかねません。
一方で、歯が白いと清潔感を呼びますし、表情全体も明るさを増します。
好印象をもたらすことから、就職活動中の方や結婚式を控えた方がホワイトニングをされるケースも増えています。
施術を受け、一時的に白くすることもできますが、しばらくすると歯の色が少しもどってしまいます。
そのため、白い歯を保つためには定期的な継続したケアが必要です。

ホワイトニングの効果は、残念ながら永久的なものではありません。
先述したように、一時的な白さを得ることはできますが、歯科医院などの施術の場合で2週間程度で少し色が戻ってしまいます。
自宅でのケアの場合ですと、白くするのに時間がかかる分、戻るのも緩やかです。
このホワイトニング後の色戻りに関しては、個人差があります。
より効果を持続させるためには、生活習慣が肝心です。
歯科医院などで施術を受けた後、歯を着色しやすい成分を含む食品はなるべく口にしないことです。
コーラ・コーヒー・紅茶類は歯の変色を促進する代表例ですので、控える方がよいでしょう。
口にしたとしても、歯の表面の汚れであれば、クリーニングという方法で落とすことも可能です。
もっとも効果が期待できる方法としては、歯科医院などで施術を受けた後に、自宅でケアを行う方法です。
自宅でケアを継続することで、1~2年は効果が持続するとも言われています。